2015年11月29日

BJブリテン127号(平成27年11月末)

平成27年11月末発行のBJブリテン127号を添付ファイルとしてアップロードしました。
主要な記事は次の通りです。
1.第4回ジャパンオープン国際大会は成功裏に終了     ページ1
2.2015年度アジア太平洋選手権大会の中間報告       ページ2,6
3.World Singles Champion of Champions大会の結果    ページ5
4.高知でローンボウルズ交流イベントを初開催       ページ9
BJブリテン第127号.doc
posted by ボウルズジャパン at 22:51| BJ通信

2015年11月05日

第4回ローンボウルズ ジャパンオープン国際大会は成功裏に終了

P1090678.jpg
P1090676.jpg
P1090671.jpg
P1090594.jpg
P1090598.jpg
P1090589.jpg
P1090616.jpg
11月1日から3日まで横浜市のYC&ACローンボウルズグリーン
で開催した、第4回ジャパンオープン国際大会は、
海外から中国、香港、マカオ、シンガポール、タイ、UAE(アラブ首長国連邦)
の6チームと国内から東京、関東、横浜、横浜YC&AC、明石、東神戸、西神戸、
全日本障碍者の8チームとの合計14チームの間で熱戦が繰り広げられ、
成功裏に終了しました。
なお、この大会はスポーツ振興くじ totoの助成を受けて実施したものです。
その競技成績結果を以下にお知らせいたします。
1チームは3名で、そのうち女子を少なくとも1名を含む混合トリプルズ戦でした。

まず予選ラウンドは14チームが7チームずつA,Bの2グループに分かれて
グループ内の総当たり戦6ゲームおよび別グループとの対戦1ゲームを
加えた7ゲームを行って、その結果によりグループ内の1位から7位までの
順位をつけました。
予選ラウンドの結果は次の通りでした。(予選ラウンドは一人3球の8エンド)
Aグループ
1位  中国  5勝2敗
2位 マカオ   4勝3敗 得失点差+17
3位 東京    4勝3敗 得失点差+4
4位 西神戸   3勝1分け3敗 得失点差-2
5位 横浜    3勝1分け3敗 得失点差-6
6位 シンガポール  3勝4敗 
7位 全日本障碍者  1勝6敗 
Bグループ
1位  タイ  6勝1敗
2位 香港   5勝2敗 
3位 東神戸    4勝3敗 得失点差+8
4位 明石   4勝3敗 得失点差-2
5位 横浜YC&AC  3勝4敗 
6位 UAE   2勝5敗 
7位 関東   1勝6敗 

次に、決勝ラウンドに入り(決勝ラウンドは一人3球の12エンド)、
A、Bそれぞれのグループの1位、2位(合計4チーム)による
勝ち抜き戦により、金・銀・銅メダルを争い、また
A、Bそれぞれのグループの3位、4位(合計4チーム)による
勝ち抜き戦により、コンソレーション1の優勝カップを争い、また
A、Bそれぞれのグループの5位、6位(合計4チーム)による
勝ち抜き戦により、コンソレーション2の優勝楯を争い、また
A、Bそれぞれのグループの7位(合計2チーム)による対戦
によりブービー賞を争いました。
その結果は、次の通りでした。
金メダル 香港
銀メダル タイ
銅メダル マカオ
コンソレ1優勝 東京
ブービー賞   関東
詳細なゲーム・スコアは添付ファイルに示しています。

さすがに海外からの代表チームは強くて、上位を独占しました。
国内チームでは地元の利を活かした関東勢が賞を多く取りました。

今回の大会は、初めて関東地区で開催した大会となりましたが、
関東地区の実行委員(特にYC&ACの関係者)の多大なる努力が
あって、成功につながったものと言えます。
直前になってマレーシア・チームがスマトラ島の煙害による影響で
来日がキャンセルになったり、11月2日の午前中が激しい降雨に見舞われ
競技不能になる、などのトラブルもありましたが、いずれも
打開策を講ずることができて、当初計画通りの競技内容で実行できました。

11月3日の夜の表彰式および懇親パーテイーでは、国際親善・交流が
最高潮に盛り上がりました。Result of Japan Open 2015.pdf
posted by ボウルズジャパン at 23:13| 大会報告(国内)
BJ公式サイトトップへもどる