2016年02月09日

アジア大会で日章旗をあげました(その3)

写真は、今回の大会の女子シングルス種目で3位入賞し銅メダルを獲得した松岡 緑選手です(右側は日本選手団の森監督)。
松岡選手は、ローンボウルズを始めてまだ5年目ですが、主としてローンボウルズ本場のオーストラリア・シドニーで熱心に練習されているだけあって、その技術進歩はめざましく、今回の大会において予選ラウンドでは地元ブルネイのベル・チューチュー選手(今年12月にニュージーランド・クライストチャーチで開催される女子シングルス世界選手権大会にブルネイ代表として出場権を得ている選手)を接戦の末に破りました。
決勝ラウンドでは、第1回戦はインド代表を危なげなく破り、第2回戦(準決勝)に進みましたが、ここで何回も女子シングルスの世界チャンピオンのタイトルを取っているマレーシアのシテイ・ザリーナ選手と対戦し惜しくも7:21のスコアで敗れました。
結局、優勝はマレーシアのシテイ・ザリーナ選手、準優勝はブルネイのベル・チューチュー選手(予選では松岡選手が勝っているが、決勝では再度ドローをしなおすので、ベル・チューチュー選手が勝ち上がった)、3位に日本の松岡選手と香港のカミラ・レウング選手が入りました。
5年目の選手でも、個人の努力次第で優れた成績を取れるのは、ローンボウルズというスポーツが体力だけのスポーツではなく、身体調整能力・精神集中能力・知的戦術能力を要求されるという、ある面において日本人に適性のあるスポーツでもあるからだと言えるでしょう。愛好者が増えることを期待します。
DSC_0113-1.JPG
posted by ボウルズジャパン at 14:59| 大会報告(国際)

アジア大会で日章旗をあげました(その2)

開催地のブルネイ王国は、ボルネオ島の北端にあり面積は三重県程度、人口は42万人という小国ですが、石油・天然ガス資源を有するために国としては裕福で、国民の教育費、医療費はすべて無償、所得税はなしというすごいところです。日本が長年にわたり石油・天然ガスを購入している関係で両国は良好な友好関係にあります。100年間ほどイギリスの保護を受けていたことがあり、国立総合運動場の中にナイター施設付きのローンボウルズ専用の人工芝グリーンが2面あり、すばらしい競技環境でした。(ローンボウルズはイギリスで13世紀に発祥して世界に広まった歴史・伝統のあるスポーツです。)
アジアでのローンボウルズ強国というと、マレーシア、香港中国ですが、最近はブルネイもそれに肩を並べるようになってきました。今回のアジア地域選手権大会は国から予算補助を受けて開催しており、開会式にはスポーツ・青少年教育担当大臣が出席され、各参加国の大使、領事らも招待されて列席されました。在ブルネイ特命全権大使である伊岐典子大使も出席されて日本選手団を激励していただきましたが、国際的スポーツであるローンボウルズが日本でもプレーされているといことはご存知なかったようです。伊岐大使のご厚意により、1月29日の夜に大使公邸で開催された新年賀詞交換会に日本選手団一同を招待していただき、ブルネイ在住の主要な日本人(約50名出席)に紹介していただきました。スポンサーが現れてくれることを期待します。
写真は、伊岐大使を囲んでの日本選手団、ブルネイのスポーツ・青少年教育担当大臣と伊岐大使を囲んでの日本選手団、大使公邸で大使館職員の皆さんと一緒の日本選手、です。
dc020458 - 1.JPGdc020467 - 1.JPGdc0204208 - 1.JPG
posted by ボウルズジャパン at 14:26| 大会報告(国際)

アジア地域選手権大会で日章旗を上げました

平成28年1月23日から2月1日までブルネーで開催されたローンボウルズ第11回アジア地域選手権大会において、女子シングルス種目に出場した松岡 緑選手が3位に入賞し、日章旗を掲揚することができました(写真参照)。
この大会にはアジアの12の国、地域が参加し、日本からは男子5名、女子5名、監督1名の選手団が出場しました。ローンボウルズに関しては、残念ながらまだ発展途上国に位置付けられている日本ですので、松岡選手以外の種目では入賞を果たすことはできず、国際親善をはかってきたのみとなりました。
DSC_0107.JPGDSC_0097.JPGDSC_0105.JPG
posted by ボウルズジャパン at 13:01| 大会報告(国際)
BJ公式サイトトップへもどる