2016年02月09日

アジア大会で日章旗をあげました(その3)

写真は、今回の大会の女子シングルス種目で3位入賞し銅メダルを獲得した松岡 緑選手です(右側は日本選手団の森監督)。
松岡選手は、ローンボウルズを始めてまだ5年目ですが、主としてローンボウルズ本場のオーストラリア・シドニーで熱心に練習されているだけあって、その技術進歩はめざましく、今回の大会において予選ラウンドでは地元ブルネイのベル・チューチュー選手(今年12月にニュージーランド・クライストチャーチで開催される女子シングルス世界選手権大会にブルネイ代表として出場権を得ている選手)を接戦の末に破りました。
決勝ラウンドでは、第1回戦はインド代表を危なげなく破り、第2回戦(準決勝)に進みましたが、ここで何回も女子シングルスの世界チャンピオンのタイトルを取っているマレーシアのシテイ・ザリーナ選手と対戦し惜しくも7:21のスコアで敗れました。
結局、優勝はマレーシアのシテイ・ザリーナ選手、準優勝はブルネイのベル・チューチュー選手(予選では松岡選手が勝っているが、決勝では再度ドローをしなおすので、ベル・チューチュー選手が勝ち上がった)、3位に日本の松岡選手と香港のカミラ・レウング選手が入りました。
5年目の選手でも、個人の努力次第で優れた成績を取れるのは、ローンボウルズというスポーツが体力だけのスポーツではなく、身体調整能力・精神集中能力・知的戦術能力を要求されるという、ある面において日本人に適性のあるスポーツでもあるからだと言えるでしょう。愛好者が増えることを期待します。
DSC_0113-1.JPG
posted by ボウルズジャパン at 14:59| 大会報告(国際)
BJ公式サイトトップへもどる